前理事長の三浦健が、令和元年10月、三浦病院は法人化を行い、医療法人社団サンセリテ三浦病院として再スタートを切りました。
サンセリテ(Sincerite)はフランス語で真実、真心という意味で、患者様に真心をもって接したきた三浦病院の価値の継承を意味しています。
法人化に伴い、従来からのがん治療に加えて緩和ケアを充実させ、地域のがん患者様の生活支援を行っていける体制を、令和3年4月よりさらに拡充し、緩和ケアを通して地域医療に貢献していけるよう、職員一同一丸となって努力してまいります。

理事長 副院長 菊岡 修一